「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

A girl on the ship

girlonship.exblog.jp

yukaの音楽生活blog

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝一に早朝の仕事を終えてから、
畑下マユちゃんとのユニット <ピースニーピースニー> の家リハでした。
マユちゃんはu-fullのワンマンライブでのコーラスでも参加してくれて、
すてきな歌声を披露してくれたんですが、
今日久しぶりに二人で合わせて彼女の魅力を再確認しました。

良さを言葉でなかなか表すのが下手なもんで、
よかったらちょと聞いてみて下さいませね。

畑下マユ - 潮風
http://youtu.be/U0FfjZCw-Js

それにうちの猫ウニコはマユちゃんの事がお気に入りだそうで、
彼女をトイレに案内したり、
しっぽをぴーんと立てて、すりぃーっとスリスリしていました。
そんな彼女と音を合わせる事が出来てわたしは幸せなのであります。

活動は半年に1回ペースのライブ、という事でとてもレアな
ピースニーピースニーのステージ。
今回はひな祭りの日です。よかったらぜひ見にきて下さいませー

2015.3.3 (火) 心斎橋酔夏男
『ひな祭だよ! ~素敵なユニット3組で3マンスペシャル』
act)ピースニーピースニー (u-full×畑下マユ) / kiki-Ki(kiki×岸本丈夫) /
ユメミッヒ(yumemiflower×ミカミッヒ)
open/start 18:30/19:00 adv ¥2000 / door ¥2500 (1d別)


わたしに取ってu-fullとは、ずっと果てしなく夢中でいられる地球規模の大冒険のようなもので、
大地や海や草原や砂漠や大きな星空に日々体をさらして挑む。そんな感じです。
ふとした時に自分の中から思いも寄らないフレーズが出てきたり、
サポートメンバーの協力でとっても新しいサウンドが生まれたりで、
新しい発見に心底驚いたり心躍ったり。
でも日々じっくり歩く道を模索しなきゃいけないから、
どーんと疲れたり落胆したり寝込んだりも必ずあります。
ピースニーピースニーはそれとは少し違って、毎日大海原や荒野をゆくのは疲れたから、
ちょっとこの辺で一旦フィンランドに飛んで湖を目の前にしたサウナに入って
温まったら湖にゆらゆら浮く。こんな感じです。
なんとなく伝わりましたでしょうか。
あ、機会があったらマユちゃんとサウナに入ってみたいです。


b0302129_1536486.jpg



b0302129_15383863.jpg




そしてね、u-fullのライブがすんごく増えました!!!!!!
東京でのLuxmiとの共同企画のレコ発や大山藍ちゃんの影絵企画など盛りだくさんです!!
schedule更新しましたので、ぜひ遊びに来て下さいませ♩

u-full Schedule
http://u-full.com/?page_id=77

u-full Official Site
http://u-full.com/



u-full - 運命の輪 (LIVE映像 2015.1.31 @中津Vi-code)
http://youtu.be/1XhVWVv0gdg
u-full band
Vo & Key : yuka
Perc : 田中良太
Gt : フナハシダイチ
Ba : 前中りさ
Cello : やっさん
Cho : 畑下マユ


u-full MUSIC VIDEO - Logleb ~西の果て~
http://youtu.be/YTJ5ozsmCL0
撮影・監督 けもの道
アニメーション制作 フナハシダイチ
[PR]
by yukaaccordion | 2015-02-25 15:45 | 音楽生活 | Comments(0)
数日前友人の結婚式で、大きなフォアグラを食べました。
それはそれは美味しくて、舌に溶けては身体全体にとろーっとしみこんでいくような
感覚で楽しみました。
その翌朝から、わたしはなぜか興奮状態にあって笑、心臓がどくどくしてたり
血流が妙に良く普段はあまり感じない攻撃的な闘争心みたいなのを
感じていました。笑 あは
実は以前にも同じような経験があって、きっとフォアグラはわたしの
心の奥にしまわれている攻撃的な一面を沸かす原料なんだな、と把握していました。
もちろん人や動物に攻撃的になったりなんかしないのですが、その対象はまさに「音楽」。
音楽に挑む気持ちやライブの選曲がとても攻撃的になったりします。
でもこれは私に取っては良い事なんじゃないかなって。
普段の私の体温や、血流はきっととても低かったりゆっくりだったりで、
思うように体が温まらなくて状態が上がりきらない事もしばしば。
これは体質改善が必要なのではないか、と思い色んな食品や療法を試してきたのですが、
私に取って一番の即効性のある効果をもたらすのは、フォアグラだと確信しました。
こんな心理状態で曲を作るならば、きっと普段できないような面白い作品が
できてしまうかもしれないです。
まさに昨日の心斎橋酔夏男でのライブはフォアグラを食べた直後。
攻めのライブでした。笑 
「誰と戦っているのかと思うような雰囲気」とお客様にも言われ
ちょっと自分でもおかしくなって笑ってしまいました。
でも、いつも自分の音楽と戦っている。そんな気持ちで音楽に挑みたいと思いました。

1.守護鳥(まもりどり)
2.Logleb ~西の果て~
3.Little Witch
4.ウサギのレストランは木の上月の下
5.夜明けの詩
6.A Girl on the Ship
アンコール
7.月夜のカガク
(w/フナハシダイチ)


ギターサポートのフナハシくんも私の闘争心が伝わったのか
いつも寡黙なプレーヤーなのですが、昨日はちょっとエモーショナルだったような気がします。
共演者のkikiのイチゴパフェ話にも、誰よりもエモーショナルに反応してましたし。
流石クリーム系男子です。

お客様にアンコールまで頂いてとても楽しい夜でした。
共演者のkikiやオトザイサトコさんの個性的な音楽も楽しめました。
みなさま、遅い時間までおつきあい頂き本当にありがとうございました!!!
酔夏男のしんごくん、あやさんも沢山のご協力ありがとうございました♩


u-full Official Site

1.31のライブ映像をひとつアップ致しました。
またお時間ある時に見て頂けると嬉しいです。
自分の殻を一段階破る事ができた、と実感した曲。
Youtube u-full ー 運命の輪 ~Wheel of Fortune~
http://youtu.be/1XhVWVv0gdg


u-full new album「A Girl on the Ship」より
「Logleb ~西の果て~」のミュージックビデオを公開しています♩

http://youtu.be/YTJ5ozsmCL0



-----NEXT LIVE------
2015.3.3 (火) 心斎橋酔夏男
『ひな祭だよ』
act)ピースニーピースニー (u-full×畑下マユ) / kiki-Ki(kiki×岸本丈夫) / ユメミッヒ(yumemiflower×ミカミッヒ)/and more
open/start 18:30/19:00 adv ¥2000(1d別)



2015.3.8(日) 東京レコ発!!!!
高田馬場 天窓comfort
Luxmi × u-full presents “fureru感覚~羅針盤が指す行方~”
open 18:00 start 18:30
ticket 前売り¥2400 / 当日 ¥2900(要1Drink)
guest 澤寛子/ NERA
*サポートギター フナハシダイチ氏との出演です
http://u-full.com/?p=173




2015.3.18 (水) 心斎橋ブラステ
「Girls sings vol.28」
ACT. 舞花 実子 / u-full / らこ / なんかかんな
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen (1DRINK別)
*サポートギター フナハシダイチ氏との出演です




2015.3.20 (金) 南堀江knave
大山藍企画 「あのひのひ」
上映 切り絵「火の粉と魔女と、少女の未来の物語り」(大山藍)
open18:30 / start 19:00
ライブアクト/ u-full, 加藤諭史
adv 2,500/ door 3,000 (+1D別)
*サポートギター フナハシダイチ氏との出演です




2015.3.28 (土) 谷町OneDrop
詳細未定
*ソロでの出演です

[PR]
by yukaaccordion | 2015-02-18 18:03 | 音楽生活 | Comments(0)
もうこんな時間になってましたか。。。
Knaveからの帰り、Gt.サポートだいちゃんと久々にかの有名なお手頃イタリアンファミレスに
行ってみました。高校生の頃友達と長時間居座ってましたねぇ。
その頃に創立されたのかなと思って歴史を調べてみたらなんと、、、1973年に1店舗目がオープンしてました。驚き。。。一番好きなメニューは「ほうれん草のオーブン焼き」です。

そして今日は、とても久々に南堀江Knaveに出演してまいりました。
Knaveと言えば忘れもしない、2011. 3.12 東日本大震災が起こったまさに翌日。
u-full 3rd album 「Little Witch's House」リリースワンマンライブが行われた場所。
決行しようか否かとてもとても心底迷って、きっとライブをやるべきじゃないと
思う方もいるだろうと予想した中、Knaveさんに相談し、
電気が不足する事態の予測から会場の照明と音量は最小限に、そして入場料の利益は全て支援費にさせてもらう、と言う事をあらかじめお客様に伝えた上、皆さんの協力を得てライブを決行した場所。
そんな思い出の場所にまた立てる事ができました。

ソロプロジェクトになってからは初めて立つステージでもあったので、
とても新鮮な気持ちで挑みました。
共演者の方も前々からとても楽しみにしていたので、トップバッターでの出演後は
視聴者としても楽しみましたよ♩



セットリスト
1. 守護鳥 (まもりどり)
2. Logleb ~西の果て~
3.ウサギのレストランは木の上月の下
4.夜明けの詩
5.運命の輪
6.A Girl on the Ship ~船の上の少女~
w/ フナハシダイチ




そうだ、確か2011年のワンマンの時も「守護鳥」を最初に歌ったんです。
あの頃この曲ではアコーディオンは弾かず歌だけを歌っていたんだった。
ライブ後にKnaveの上原さんに「曲に対する姿勢が歴然と変わった」と言われ、
自分でも正直そう思うんですよねこれが。。。
以前も音楽が大好きで、自分から音楽を取ると何も残らない、と思ってはいたけど、
きっと今はu-fullの音楽をもっともっとかっこ良く表現して、みんなに世界観を
あたかも主人公になっているかのような臨場感をびりびり感じてほしい。と思っています。
きっとその想いがとても強くなりました。
サポートのフナハシくんのギターもu-fullの音楽のテンションをいつも引っ張ってくれる
存在になりました。アルバム「A Girl on the Ship」の制作に深く関わってもらって
今はu-fullの音楽の本当に良き理解者でもあります。
彼の書いた「 A Girl on the Ship についての手記」ぜひ読んでみてくださいませー。
今回のアルバム制作の裏側がぴょっこり見えます♩

フナハシダイチのブログ

Knaveに来て下さったみなさま、これを読んで下さった皆様
本当にありがとうございました!!

さて、そろそろ体をほぐして眠りまーす。
おやすみなさいませー


u-full Official Site : u-full.com

u-full Official Facebook Page


Next Live

*2015.2.17 (火) 心斎橋酔夏男
『good time music』
act) sumugi /たかはしまりす/ 辻野なほ / kiki / オトザイサトコ/ u-full
open/start 18:00/18:30
adv/day ¥2000/¥2500 (1ドリンク別)
*サポートギター フナハシダイチくんとの出演です


*2015.3.3 (火) 心斎橋酔夏男
『ひな祭だよ』
act)ピースニーピースニー (u-full×畑下マユ) / kiki-Ki(kiki×岸本丈夫) / ユメミッヒ(yumemiflower×ミカミッヒ)/and more
open/start 18:30/19:00 adv ¥2000(1d別)



*2015.3.8(日) 東京レコ発!!!!
高田馬場 天窓comfort
Luxmi × u-full presents “fureru感覚~羅針盤が指す行方~”
open 18:00 start 18:30
ticket 前売り¥2400 / 当日 ¥2900(要1Drink)
guest 澤寛子/ NERA
*サポートギター フナハシダイチくんと出演です



*2015.3.18 (水) 心斎橋ブラステ
「Girls sings vol.28」
ACT. 舞花 実子 / u-full / らこ / なんかかんな
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2,000yen / DOOR 2,500yen (1DRINK別)
*サポートギター フナハシくんとの出演です



*2015.3.20 (金) 南堀江knave

大山藍企画 「あのひのひ」
上映 切り絵「火の粉と魔女と、少女の未来の物語り」(大山藍)
open18:30 / start 19:00
ライブアクト/ u-full, 加藤諭史
adv 2,500/ door 3,000 (+1D別)
*サポートギター フナハシくんとの出演です



*2015.3.28 (土) 谷町OneDrop
詳細未定
ソロでの出演です



お問い合わせ: girlonship@icloud.com


[PR]
by yukaaccordion | 2015-02-13 05:46 | 音楽生活 | Comments(0)
New Album「A Girl on the Ship」を無事にリリースし、本当にありがたい事に
アルバムについてとても尊敬しているミュージシャンの先輩方や、
活躍しているたくさんの音楽仲間達よりコメントを頂きましたので
第一弾として一部をご紹介させて頂きます!!


あるミュージシャンに「森でドングリとか食べて暮らしているような」と形容されるように可憐なu-full。しかしその歌声にはビシッと芯が通り音楽を真正面に見据える強い意志を感じます。前作に入っていた「ウサギのレストランは木の上月の下」は素晴らしいメロディと疾走感溢れるアレンジで僕の大好物のひとつですが新作も驚きに満ちています。ご本人にお会いした時ZABADAKに影響受けたとおっしゃっていましたが、きっちり僕らの音楽を咀嚼し消化し、エネルギーに換えて自分の音楽を紡いでいる姿に感動を覚えます。

吉良知彦 / ZABADAK



躍動と静寂を行き来するメロディ、煌めいて力強くそして時に儚い歌声、ポップスであってポップスではないどこかの音楽。ここではない遠いところに連れていってくれる曲たち。すてきな贈り物が詰まっているよ。

菊池誠 / andmo'




心地良い歌声、耳に残るメロディ、歌詞、どれをとっても「癒される」と言われるような特徴なのに、U-fullの音楽には「癒される」と言う言葉は、わたしにはしっくりこない。瞼に浮かぶ風景に高揚し、鼓舞され、嫉妬すらしてしまう。

児嶋佐織 / andmo'




ウフルはいつも森の中にいる。森の中の少し開けた草地で、ぽんやりと佇んでいる。そして、森の木々や森に吹く風、流れる水、森に棲む生きとし生けるもの全てに愛され慈しみ守られている。
そんな彼女のイメージをそのまま音にしたようなアルバムだと、私は思う。

チエルーム




ちっちゃな女の子が
レコハツで放たれた、強い意志と大いなる音は
まだまだこの胸に熱く残っております。
またいつか、不思議な国の海の上で
いろんな物語を聴かせてくださいね。

フェイターン




私は旅をする。
髪を風に靡かせて、
荒野を駆け抜ける。

この1年、u-full yukaにはINUUNIQ voicesとしてとても友人としても近くに居てくれて、彼女の存在は私の声表現の半身のような気でいたのだけれど、そんなのおこがましい話だったな。
純粋無垢に溶け込んで、広がって、どこまでも行ける。
初めて触れる物語にドキドキして、朝までページをめくる指が止められない幼子のように夢中になる。
荒野に咲く一輪の花を、迷いなく見つけ出す曇りのない眼。
彼女の柔らかく、それでいて凛としたもの全てがこのアルバムの中に詰まってる。

その指が示す先には見も知らぬ世界。
冒険への期待と興奮ばかりだ。

出会ったことのない程、素晴らしいu-fullのこのアルバム。
脱帽です。
たくさんの人に届いて欲しい。
一生聴き続けます!!

INUUNIQ 竹下咲




豊かな声色から広がるのは
色鮮やかな景色。

音と音の合間さえも
その曲の中での存在理由を持つような
完全無欠な音世界。

私はそんなu-fullの音楽に魅せられた1人だ。

大人になって
どこかに置き忘れてきた童心を
蘇らせてくれる。
そんな一枚。
どうかみんなに出逢ってほしい。

ピアニスト/作曲家 朝香智子(INUUNIQ)




風が吹く。
あるときは あらしのように、激しく、轟々と。
あるときは一瞬にして 
こころを奪い去ってしまうような、ぴゅうっ と吹く突風。
けれど、
最後は草原を撫でるような 水面を揺らすような、
穏やかな風が吹き抜けてゆく。
いろんな景色を見せてくれる音楽が ぎゅっ と詰まっています。
「A Girl on the ship」
船の帆をはためかせる風の気持ちになって
私も一緒に 旅をしました。
リリースおめでとうございます。

yumemiflower




スーッと、ゆっくり手を引いて
無理矢理じゃなくて徐々に,
ワタシ達が日々の生活で感じるのとはちがう、異国、
異世界観を味合わせてくれる声と、その他彩る音。
儚さの中の意思の強さが、ワタシはとても、心地が良かった。

大山藍





まだ見ぬ世界のフォークロア。
u-fullの透明な声とちりばめられた音達が、好きなだけその世界へ、
u-fullの世界へ連れていってくれる。
きっとこれは空想じゃない。

OTONOTO 代表 / 6birds barked in the park
かねもとまさや




風のささやき・光のみちびき・森の沈黙
言葉を持たないすべての者たちが、u-fullを通して話しかけてくるよう。
今夜そっと耳をかたむけてください。

6birds barked in the park
よこかわひろみ






とても嬉しいメッセージを沢山頂いております。
ひとつずつ何度も読み返しては、お一人お一人と出会った時の事なんかを
思い返してみたり、寝る前なんかに読んでとても心穏やかになる日々を過ごせています。
そして新譜を聞いて下さったお客様からも嬉しい感想や心にずどーんとくる言葉を沢山頂いております。一言一言が本当にありがたいです。

そうそう、さっきfacebookのグループトークで
昨年10.19に京都モダンタイムスで開催されたイベントの打ち上げについて
出演者やスタッフ総勢10名ほど、ものすごい勢いで討論が繰り広げられていました。
みんな音楽と打ち上げの両方に真剣勝負!!!!!! さすがです!!!!!!!
わたしは飲み物とちょっと会が落ち着いてきた頃につまめる物を持ってこうと
考えてます。たのしみ笑



u-full Official Site


u-full facebook page



Live Information

2015.2.12(木) 南堀江Knave
”Natural Woman”
act/ 小川エリ, あきいちこ , Yuppo , unclose , u-full
start 18:30
adv¥2000 door¥2500



2015.2.17 (火) 心斎橋酔夏男
『good time music』
act) sumugi/たかはしまりす/ 辻野なほ/ kiki/ オトザイサトコ/ U-full
open/start 18:00/18:30
adv/day ¥2000/¥2500(1ドリンク別)



2015.3.3 (火) 心斎橋酔夏男
畑下マユ × u-full <ピースニーピースニー>
詳細未定



2015.3.8(日)
高田馬場 天窓comfort
Luxmi × u-full presents “fureru感覚~羅針盤が指す行方~”
open 18:00 start 18:30
ticket 前売り¥2400 / 当日 ¥2900(要1Drink)
guest 澤寛子/ NERA
詳細ページ


[PR]
by yukaaccordion | 2015-02-06 01:54 | 音楽生活 | Comments(0)
新譜「A Girl on the Ship」に収録されている7曲がどのようにして生まれたのかを
文章にする機会がありました。自分でも「あ、そうだった、そうだった」と曲ができた当時の
状況や気持ちを振り返る事ができました。
少し皆様にもご紹介したいと思います。


1. 記憶の森 【詩 ゆう/ 曲 YUKA】
この曲は詩人ゆうさんの詩が先に書かれたもので、その詩にメロディを付けさせてもらいました。
無くしてしまった記憶を取り戻すために旅をする孤独な旅人。唯一のパートナーは音楽でした。
無くしものを探す旅というのは少し哀しく勇気がいるけど、きっとこの旅人は
感覚を研ぎすませ、力強くさっそうと道を進んでいるのだと思います。



2. Logleb ~西の果て~
がっしりした角、美しい体、不思議な面持ちのアンテロープ。
きっと彼らは頭が良いと思います。私なんかよりも笑。
西の果て(Logleb)に存在する彼らの楽園を求め仲間達と広大な大地を進んでゆく。
人間には想像できないような壮絶な世界を彼らは生きている。
そんな彼らへの憧れの想いを曲にしました。
あんな風に地球のあるがままの姿を受け止めて、自分の命への挑戦をしてみたいものです。



3. 夜明けの詩
この曲ができた時、外はやはり夜明け前でほんのり紫色でした。
閉ざしてしまった人の心の中にどうしても入りたくて、でもどうやっても入る事ができませんでした。どうしようもなく哀しい気持ちが旋律となって生まれ変わりました。



4. ネメアの森から見た北斗七星
「ネメア」というのはギリシャの古代遺跡の名前で、ギリシャ神話に出てくる獅子が
住んでいた場所です。ネメアの近くには谷や森があり、きっとそこから見る北斗七星は
とても綺麗なんだろうなと思います。7人の親友を七つの星に置き換えてこの曲を作りました。



5. 運命の輪
タロットカードで遊んでいる時にふと「これからの私の音楽」について占いました。
すると「運命の輪」のカードが正の方向で出ました。このカードが意味するものは、
これまで自分に起こった様々な出来事は、バラバラで関係のない断片の様に見えて
実は全てが繋がっている、という事。そしてそれがひとつの輪となりいよいよ
良い方向に動き出す。という意味です。そのカードを見ながらメロディを作りました。
今、実際カードが示した通りになっているので驚いています。



6. A Girl on the Ship ~船の上の少女~
このアルバムのタイトル名となっている曲。
一人の少女がまだ見ぬ地に足を踏み出そうと船に乗り込む。
旅の途中で見たもの、触れたもの、感じた事、すべてが彼女に降り注ぎます。
彼女は孤独な旅に出たと同時に、周りのあたたかさや心強い応援を強く感じています。
彼女は私の分身でもあります。
この曲を聞いた方の感想が「切ない」「力強い」「おだやか」「荒れている」など
様々で面白いなぁと思います。きっとそれは聞いて下さった方ご自身がどんな旅路に
立っているか、に寄っていろんな風に聞こえてくるのかな、と思いました。
まだ始まったばかりの旅がこの後どうなっていくのか楽しみです。



7. 月夜のウエディング
大切な友達の結婚記念に作りました。
ネメアの森から見た北斗七星にでてくる"一つ星"でもあります。



1.31に最後会場の皆様と撮ったお写真
b0302129_1803966.jpg



★Next Live★

2015.2.12(木)
南堀江Knave ”Natural Woman”
act/ 小川エリ, あきいちこ , Yuppo , unclose , u-full
start 18:30
adv¥2000 / door¥2500


2015.2.17(火) 心斎橋酔夏男
『good time music』
act) sumugi/たかはしまりす/ 辻野なほ/ kiki/ オトザイサトコ/ U-full
open/start 18:00/18:30
adv/day ¥2000/¥2500(1ドリンク別)



2015.3.8(日) 高田馬場 天窓comfort
Luxmi × u-full presents “fureru感覚~羅針盤が指す行方~”
open 18:00 start 18:30
ticket 前売り¥2400 / 当日 ¥2900(要1Drink)
guest 澤寛子/ NERA


2015.3.18 (水) 心斎橋ブラステ
w/ 舞花 実子,らこ , and more...
詳細未定


2015.3.20 (金) 南堀江knave
大山藍企画 「あのひのひ」
上映 切り絵「火の粉と魔女と、少女の未来の物語り」(大山藍)
open18:30 / start 19:00
ライブアクト/ u-full, 加藤諭史

[PR]
by yukaaccordion | 2015-02-02 18:05 | 音楽生活 | Comments(0)
b0302129_2233255.jpg

昨夜のリリースライブから一夜明け、やっと落ち着いたところで文章を書きます。
ライブ後には、出演者とスタッフみんなで打ち上げに。
30代に入って急に、朝まで打ち上げに参加する事が増えました。笑
これはきっと朝まで一緒に居ていたい音楽仲間が増えた、と言う事だと思います。
朝方家に帰って、そのままかたーい長椅子の上で寝てしまいました。
なんとなく、寝るのがもったいなく感じてしまって、できれば昨日のままでもう少し居たかったなぁ。

リハーサル前、ステージの装飾をするために少し早く会場入りしました。
今回のステージは贅沢にも海と森の2つの場所を同時に表現したいなと思っていました。
色々悩んだ結果、ステージ奥は水色グラデーションの波を、手前は緑や花を、
というイメージを思い描いていました。気がつけば出演者総出で手伝って下さって、
思った以上にダイナミックで且つかわいい装飾に仕上がり満足いたしました。
ありがとうございました!!

まずはオープニングゲストにチエルームさんをお招きしました。
b0302129_12450100.jpg

b0302129_1254857.jpg

b0302129_1255891.jpg

チエさんはわたしにとってお姉さんのような存在です。
昔の私の事も今の私の事も知ってくれている。
ソロ初のワンマンでかなり緊張するのはわかっていたので、
チエさんが歌ってくれたら、きっとわたしもリラックスしてステージに立てるんじゃないか、
という予想が的中。チエさんの存在が会場をとても優しい空気にしてくれました。
チエさんも、ウフルやご自身の色んな思い出を心に沢山描きながら歌えた、と言って下さいました。チエさんのリリースワンマン居て行けないのがほんとに残念なのですが、アルバム2枚組、
かなり楽しみです。もしかしたら東京編に顔を出すかも。。
のんびりチエルームblog


そしてu-full band はSEにのって登場。
この直後、1曲目の直前にわたしは真っ暗な中譜面台をハデに倒し客席に色んなものを
飛ばす、という事故を起こします。。フフ
気を取り直して、「A Girl on the Ship ~the map of her passages」の始まりです。

1. 記憶の森
2. Logleb ~西の果て~
3. 守護鳥
4. zaza
5. ネメアの森から見た北斗七星


新譜と懐かしい楽曲を織り交ぜて、u-fullの世界をどっぷり表現した前半。
「守護鳥」「zaza」を歌えた事が本当にうれしくて、、、
b0302129_1424644.jpg


6. 夜明けの詩 (w/ Cello やっさん)
7. Little Witch (w/ 6弦ウクレレ 畑下マユ)
8. 赤い風船 【畑下マユ】
9. 刻の約束 【詩:上島洋子(劇団本若) 曲: フナハシダイチ 歌: YUKA】
10. 遠い音楽 cover【ZABADAK】(w/ フナハシダイチ)
11. シアワセノフクロウ (アコーディオン弾き語りVer.)

少人数制のコーナーへ。
畑下マユちゃんとのユニット「ピースニーピースニー」の紹介も出来たし、
劇団本若さんへの提供曲「刻の約束」も初のライブお披露目ができました。
そして、ZABADAKさんの「遠い音楽」は私に取って特別な曲で、どきどきしてカバーさせて頂きました。初のアコーディオン弾き語りVer.の「シアワセノフクロウ」。これまで
ギターVer. キーボードVer.とやってきましたが、アコーディオンもこの曲に
よく馴染んでいたような気がします。
b0302129_155643.jpg

b0302129_156028.jpg

b0302129_156228.jpg

b0302129_1584958.jpg


12. 月冴ゆ
13. ウサギのレストランは木の上月の下 (w/ band + チエルーム)
14. 運命の輪
15. A Girl on the Ship ~船の上の少女~
16. 月夜のウエディング

「ウサギのレストランは木の上月の下」の大盛況Ver.は本当に賑やかでかっこいい。
この曲のソロ回しコーナーが大好きで、一度20人編成でやってみたいぁ。
ずっとソロ回ります、みたいに。笑
b0302129_285065.jpg

b0302129_28016.jpg

b0302129_2102242.jpg

b0302129_29596.jpg
b0302129_294347.jpg


アンコール
17. 花をあつめて
18. 月夜のカガク


今回のバンドメンバーは本当に勇者達でした。
私の表現したいものを元に、それぞれのエッセンスを加え曲を研ぎ澄ませてくれました。
u-full band member...
Perc. 田中良太
Gt. フナハシダイチ
Bass. 前中りさ
Elc. Cello やっさん
Cho&Keyboard 畑下マユ
b0302129_2141786.jpg

b0302129_2151757.jpg
b0302129_2155557.jpg

b0302129_2205928.jpg

b0302129_222679.jpg

b0302129_223877.jpg

b0302129_224681.jpg


当日、本当に沢山のお客様が来てださり、寒い中お待たせしてしまってすみませんでした。
そんな中帰り際に感想を言って下さり、笑顔で帰っていくお客様を見ていてとても幸せな気持ちになりました。実は昨日は作品に関わって下さった方も沢山来て下さりました。
エンジニアさんまで東京から来てくれて、気がつくとu-fullグッズを買って下っていて、
あわわわとなりました。
2年前ソロ活動を始めた時は、まさか新譜を出せるとは思っていませんでした。
今は幸せな事に沢山の方に力を借りる事ができていて、進みたい方向も徐々にはっきりと
見えてきています。靄がかかっていた時期があったにも関わらず沢山の方が待っていてくれたこと、
心から感謝しています。次の新作も楽しみにしていて下さい。
u-full band、チエルームさん、制作に関わってくれたみなさま、Vi-codeのスタッフさん、
応援して下っているみなさま、本当にありがとうございました!!!

*新譜の中のどこかにわたしと一緒に住んでいるうにこ(♀)が隠れています。
ぜひ見つけてみてくださいね。
[PR]
by yukaaccordion | 2015-02-02 02:52 | 音楽生活 | Comments(1)