ブログトップ

A girl on the ship

girlonship.exblog.jp

yukaの音楽生活blog

私がモンゴルに行った理由

今回私がモンゴルに行って来たのには理由があります。u-fullの次回作アルバムのコンセプトが「砂と土の世界」というのが頭の中にあったので、そんな場所で曲作りをしたり、イメージを確立させたくて行きました。
最初はモロッコへ行く予定でしたが治安的に心配だったので、砂丘があり遊牧民が住み、シルクロードの一部でもある南モンゴルへ行く事にしました。
叔父がシルクロードをラクダで横断した時の話を子どもの頃から聞いていたり、素晴らしい作品を撮る写真家の山内悠さんが「モンゴルは東西南北で全く別の世界が存在している」とおっしゃっていたので、心のアンテナはそちらへ向いていました。
実際の南モンゴルは、人間が手をつけていない広大な自然が悠々と待ち構えていて、なかなか交通手段もなくて、自然の一部として人々が存在しているような気がしました。電気が通っている場所は一部しか無く、所々のオアシスから水を引いて、トイレは丘の合間のくぼみだし、そこらへんに動物の骨がゴロゴロ転がってているし、太陽は容赦なくて、ラクダ達は水の取り合いをしていました。かと思えば渓谷では動物達が気温の低い朝方水場に集まり、草を食べ、猛禽類は群れで上昇気流に乗り、無数の種類の渡り鳥たちが羽を休めていたり、動物達のオアシスでもありました。
こんな場所でわたしは一体どんな事を思うんだろう。と自分で不思議に思っていたのですが、結果はこうでした。
わたしの表現したい音楽の矛先がはっきりと見えたのでした。
音楽に限らず、自分自身が自然の中に溶け込みたくて仕方ありませんでした。
1日過ごす度に沢山の音のフレーズが出てきて、しっかりボイスメモに録り貯めて来ました。後はカタチに残す作業に取りかかります。
[PR]
by yukaaccordion | 2016-09-25 16:34 | わたしの見たもの感じたもの | Comments(0)